医療類似行為における広告の注意点

 整体は医療類似行為である。
したがって、整体院の広告には使ってはいけない表現がある。
整体院の広告表現に規制がある理由は、整体院が提供するサービスが医療類似行にあたるからである。

では、医療類似行為とはなにか?。
医療行為は医師法によって、医師のみができる行為として厳しく定められ、整体院で医療行為を行うことは禁止されている。
整体院で行う施術の目的は「体をいい方向に向かわせること」であり、この点が医療行為と似ているので、医療類似行為と呼ばれる。

医療類似行為の種類
医療類似行為は、法律で認められているものと法律に基づかないものの、2種類があり、法律で認められている医療類似行為とは、国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」「柔道整復師」が行うものであり、整体院で行う施術は、法に基づかない医療類似行為である。
法律に基づかない医療類似行為でも、判例により、人の健康を害する恐れがない安全なものであれば開業可能と理解され、開業が認められている。
整体院の提供するサービスが、法に基づかないものの提供が認められていることを踏まえ、広告表現には特に配慮が必要と覚えておきたい。

具体的に、整体院の広告表現の規制に関係している法律は、
・医師法
・あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(あはき法)
・医薬品医療機器法(旧薬事法)
・景品表示法
の4つであり、これに違反していないか確認が必要である。

やってはいけない広告の表現例
誇大広告
経歴・出身校の名称を載せる
具体的な施術内容
治療・治るという表現
医薬品・医療器具ととられるような表現

整体院の広告に載せることができる事項
施術者の氏名
住所・電話番号
施術所(店舗)の名称
施術日(営業日)・営業時間
予約・主張による施術の実施
駐車場の案内

整体院で使える表現
整体院で提供するサービスは、医療行為とは区別されるため、「治る」という医療行為を思わせる表現は禁止である。「改善」「緩和する」「和らぐ」などに置き換えること。

病院などでよく使われる「診察」「診療」「休診」といった表現も、整体院では使用できない。「受付・営業時間」「休業・定休」など、医療を連想させない表現を使う必要がある。

病院では利用者を「患者」と呼ぶが、整体院では「お客様」もしくは「カスタマー」と呼ぼう。

※ 規制の対象となる広告媒体は「チラシ」や「情報誌」での広告であり、ホームページは整体院の広告表現の規制の対象外である。
「経歴」「出身校」「施術方法」「流派や所属学会」「効能・効果」などの、チラシや情報誌に掲載できないこともホームページでは可能である。
ホームページやSNSなどを使いどんどん公開しよう。

今は患者さんが、来院前にホームページで治療院の情報を確認する時代である。

自分の身体の症状は改善するか?(事例)
どんな施術者なのか
どんな雰囲気なのか
料金はどれくらいか
場所はどこにあるのか

以上の条件を満たしていないと、検討の対象にさえならない。

腰椎椎間板ヘルニア完治例

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰や臀部が痛み、下肢に痺れや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなる症状を呈する状態のことを言います。
医師以外のものが、こうすれば病気が治る、・・・・・など、言ってはいけないのが日本の医師法です。したがって、我々整体士は実際にあった治癒例を紹介し、治ることをアッピールしなければならないのです。これを事例研究(case study)といいます。正確に言うと、現実に起こった具体的事例を分析、検討し、その積み重ねによって帰納的に一般的な原理、法則を引き出す研究法のことです。

今回は、Bさん(37歳・女性)の事例です。Bさんは、医師から腰椎椎間板ヘルニアの診断を受け、今年(2019年)3月18日に初回来院されました。医師からは手術を勧められていましたが、最終判断は5月の検査で決めましょうと言われたとのことです。正確な日時は忘れましたが1か月半ほどの期間があったと覚えています。

施術は、理学推拿における標準套路のみで行いました。3/18、3/30、4/7日の三回のご来院後、6月1日に首が痛いと言って来院されました。ヘルニアの検査はどうでした?と質問したところ、「治っているので手術の必要はない」と先生に言われたとのことです。通常は完治に5~8回ほどかかるので、年齢が若いせいもあるがずいぶん早かったな、との感想です。ちなみに首の痛さは、頚椎2番(Second cervical)のズレでした。当然ですが1回の施術で完治しました。