脊椎圧迫骨折 Spinal compression fracture

脊椎圧迫骨折とは
脊椎圧迫骨折とは背骨が押しつぶされて変形してしまう骨折で、骨が弱いお年寄りに多いのが特徴です。尻もちをつくなど転倒が原因で起こることもありますが、重い物を持ったり、せきやくしゃみをしたりなどのちょっとしたきっかけでなることもあります。知らないうちに背骨のつぶれが進行し、背骨が丸くなってしまうこともあります。

治療法
診断と治療は医師の仕事です。レントゲンやCT、MRIを使い診断します。
骨折が見つかれば、多くの場合はコルセットで固定して治します。骨が完全に治るまでは重い物を持ったり、前に強くかがんだりといった、背骨に負担がかかる動作は避けましょう。骨密度が少ない患者さんは担当の医師と相談して、骨粗鬆症の治療を受けることが重要です。
早期発見できればコルセットや薬物治療で治ることが多いですが、なかなか治りにくく、手術しなければならない場合もあります。手術は小さな傷で、骨折部分にセメントを注入する治療から、大きく切開して金具で固定する治療までさまざまです。手術法は患者さんの身体や骨折の状態によって決められます。
整体士が関与できる範囲は少なく、血流を良くして痛みを緩和するのが主な仕事ですが、骨粗鬆症の治療を受けている方も多く、注意が必要です。
施術法は圧迫の少ない標準滾法をメインとします。圧法などは厳禁ですし、体幹に異常がみられる方は施術をお断りするべきでしょう。

投稿者: rigakusuina-admin

上海推拿教育院認定 推拿整体技能士 日本心理学会認定 認定心理士 NPO法人 日本ホリスティック医学協会 会員 気功整体・癒しの空間 店主 古田島 正敏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です