ヒプノセラピー基礎講座Ⅱ

催眠下とそうでない状態の違いをフロー図に表してみました。

つまり、脳の判断において最高司令部である前頭前野の46野が機能しない状態であれば、暗示が有効となるわけです。

ポイントさえ押さえれば「催眠法は誰でも習得できる技術」です。
そのポイントとは、46野を制御する技術です。
前回記述した、顕在意識に邪魔をされないための二種類の方法
1.潜在意識(感覚など)を活発にして顕在意識に弱まってもらう。
2.一時的に顕在意識によそ見をしてもらう。
の顕在意識とは、46野の事だったのです。
 念のため断っておきますが、「催眠法」(昔は催眠術と言いました)は、ヒプノセラピーとイコールではないということです。催眠法の技術を習得して、暗示で「はい、貴方は今日からタバコを止めました」と暗示を入れてもタバコはやめられません。催眠の技術を応用して、心理学的に活用していくのがヒプノセラピーだと理解してください。

次回は催眠導入法について具体的に記述します。

投稿者: rigakusuina-admin

上海推拿教育院認定 推拿整体技能士 日本心理学会認定 認定心理士 NPO法人 日本ホリスティック医学協会 会員 気功整体・癒しの空間 店主 古田島 正敏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です