ヒプノセラピー基礎講座Ⅴ 催眠深化法

催眠への誘導が成功したら、今度はより深く催眠に導くテクニックを学びます。
最初に誘導の流れを理解しましょう。いきなり深い催眠現象が起こる人もいますが、基本的にはすぐに深い催眠現象が起こるわけではありません。
・催眠に対する興味と催眠に掛かりたいという欲求を高める
・施術者に対する安心感を高め、信頼関係を築いていく
・施術者に対する威光を高める
これらがあるからこそ、深い催眠現象が起こりやすくなります。
レベルの高い施術者は、これらを意識しながら誘導をしていくのです。
これは、営業、販売、勧誘などの一般的なコミュニケーションと同じです。
催眠法を習得することは、ただ単に催眠法を掛けれるようになるだけでなく、仕事や日常で活用できるコミュニケーション技術を上げる練習にもなっているのです。
私は、推拿と催眠法は、とても相性が良いと思っています。
催眠は、基本的には言葉を使って、トランス状態を深めて、現象を起こしていきます。気功催眠など言葉を使わなくても誘導することができる催眠もありますが、整体師の場合、リラクゼーションの誘導や言葉を加えると、より効果的に施術できることでしょう。催眠の技法は、あなたの仕事や生活をより良くする、コミュニケーションの技術でもあるのです。

催眠のレベル
催眠は大きくわけて、三段階にわけることができます。
1.運動支配段階(軽催眠)
2.知覚(感覚)支配
3.記憶支配
の三段階です。

この第一段階は、運動支配という段階で、たとえば、「腕が一本の棒になって曲がらない」と暗示すると、いくら曲げようとしても曲がらなくなってしまいます。
足と頭を2個の椅子にのせて人間ブリッジを作り、「身体が硬くなって、石のようになりますよ」と暗示すると身体が硬直して、人間橋ができあがります。こうなると上に人があがっても、何ともなくなってきます。
このとき、催眠に入っている人に、「あなたは今、催眠に入っているのがわかりますか」と質問しても、誰もみな「催眠に入っていない」と答えます。
なぜなら、意識もあって、まわりの様子もよくわかって、自分では催眠に入っているとはどうしても思えないからです。しかも目をあけることもできるし、自由に言葉も話せます。
これは、運動支配の段階だけでなくて、いくら催眠に深く入っても同じことですから、よく覚えておいてください。
人間橋を暗示でつくった人を、催眠からさまして、今度は自分で意識的にい力を入れて、同じように橋をつくってもらいます。そして、催眠のときと同じように上に上がろいうとすると、片足を乗せただけで、苦痛に耐え切れず、人を乗せることはまずできません。(*_*;
催眠に入っているかいないか、自覚できるのは、催眠時は人をのせても平気なのに対して、催眠からさめたとぃは、人をのせることができなかったという違いだけなんです。
運動支配の段階に入ると、筋肉の弛緩、緊張が、暗示によって
ひきおこされてくるのです。

第二段階は知覚(感覚)支配です。
言葉による暗示で、緊張と弛緩を繰り返す事で、深い催眠に誘導していきます。
緊張の暗示は息を吸い込む時を見計らって入れます。逆に弛緩の暗示は息を吐くときに入れます。
催眠は、運動支配→感覚支配→記憶支配の段階で深くなっていきます。一つ一つの支配をしっかり強める事でより深い催眠に導くことが出来ます。

少しでも催眠にかかって運動が支配できたら、一度力を抜かせます。「筋肉がほぐれていきます・・体中から力が抜けていきます・・」などと脱力させます。
脱力したら「だんだん力が戻ってきます・・全身に力が入ってくる・・」などと再び緊張させます。このように、脱力と緊張を数度繰り返すのです。

具体例
・緊張と弛緩が顕著になったら「あなたは立ち上がる事はできません」と硬直の指示を与える

・立ち上がれなくなったら「3つ数えたら立てます・3・・2・・1さあ立ってみてください」といって弛緩させます

・歩けたら、「今度は足が床にくっついて、歩く事が出来ません」と硬直させます

・硬直したら、「3つ数えたら歩けます・・3・・2・・1さあ歩いて見てください」と弛緩させます

※こういった禁止暗示をかけては解くといった揺さぶりを繰り返すのも催眠を安定させる方法です

運動支配の時期から感覚支配の時期へ導くには、感情を喚起する運動を促すのも効果的です。怒ったり、悲しんだりする時には、手を使って表現する事が多いため、手の浮遊などといった、手の自動運動を行って感覚支配に導くのが効果的です。
・手の浮遊法を使い、相手が手を上げた状態からピアノなどの音楽を流し、音楽に合わせてピアノをひく真似をして下さいなどと、促します。

感覚支配に誘導するコツ=何度も暗示を与えて繰り返す

・催眠誘導を感覚支配まで持っていき、「貴方の右腕から痛みという感覚がなくなります・・痛みという感覚が抜けてしまって、叩いてもつねってもかんじません。・・どんどん抜けています・・すーっと抜けていきます」と言って相手に左手で右手をつねるように指示します。

・次に右手で左手でつねるように指示して、左右の違いを確認させ、痛みが減っている事を確認させます

・暗示どおりに痛みが抜けているなら、次は痛みの抜けた感覚を左肩に移動させます「3つ数えたら右腕の痛みを感じないのが、左肩に移動します・・3・・2・・1・はい、右腕が元にもどります・・そして、左肩の痛みは抜けました」と言い痛みのコントロールをします。

・左手で右手をつねって、痛みが残っていれば、どんどん痛みが抜けていきますと、追い込みを再びします。

幻覚をおこさせるテクニック
感覚支配が行えるレベルになれば次に幻覚を見せる催眠を行います

・相手に何か色のある物を見せます(携帯電話など)

・相手がしろと答えたら、相手の目を自分の手で覆って見えなくします。

・相手が目を閉じたら、その直後を狙って「目の前にある携帯は青です」と暗示を入れます

・終わったらすぐ手を離して「見てください」」携帯は青ですと言えば、青く見えます

次は「名前を忘れる」「幻覚を見る」などの記憶支配です。

 

 

投稿者: rigakusuina-admin

上海推拿教育院認定 推拿整体技能士 日本心理学会認定 認定心理士 NPO法人 日本ホリスティック医学協会 会員 気功整体・癒しの空間 店主 古田島 正敏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です