大切なので、改めて大腰筋

大腰筋 

文章の最初の部分は https://www.teamlabbody.com/3dnote-jp/dictionary/muscles/Psoas_major/からの転載です。
・起始: 浅層:T12-L4の椎体側面とそれらの間の椎間円板の側面 深層:L1-L5椎骨の肋骨突起 ・停止: 腸骨筋と合体して腸腰筋となり、大腿骨の小転子に停止する。 ・支配神経: 腰神経叢(L1-L3)からの筋枝 ・栄養血管: 腸腰動脈の腰枝 ・作用: 股関節:屈曲、外旋 腰椎: 両側:仰臥位から体幹を起こす 片側:腰椎は同側へ側屈する。

此処から本文です。
注目していただきたいのが上図の横から見た大腰筋です。恥骨にひっかかって、くの字に曲げられていますね、その上を恥骨靱帯が渡っています。

整形外科を始め、整骨院や針灸等、色々な所に行ったが治らず、ようやく当院に来られ、やっと治ったと喜んでおられる方が大勢いらっしゃいます。
その中で腰痛に関しては、腸腰筋症候群の方がほとんどですが、患者様により、症状に対する感じ方の表現方法が多様です。
腰痛等で、整形外科、整骨院、針灸マッサージ、その他の治療院に行くと、その日は楽になった様な気がするが、次の日、または2.3日後にまた痛みだすとおっしゃる方の場合、そのほとんどが腸腰筋症候群であり、もやもや血管による炎症を伴っているものと思われます。
腸腰筋症候群とは、骨盤内側にある腸骨筋と大腰筋が炎症を起こす症状です。腸骨筋と大腰筋の二つの筋肉を総称して腸腰筋と呼びます。
足・膝を上げるのは、大腿四頭筋の働きと思われる方が多いですが、実はこの大腰筋と腸骨筋の働きによるものなのです。また、この二つの筋肉は股関節を安定させる役割も担い、大腰筋は脊柱を安定させる働きもはたしています。
大腰筋の上の方は胸椎12番(胸の骨の一番下)から各腰椎(腰の骨)の横突起から始まり、大転子骨の裏側、大腿骨の小転子(上の方の内側)につながっています。腸骨筋は骨盤の腸骨(蝶々の羽の様に見える部分)の内側から始まり、大腰筋と同じく小転子につながっています。
腸腰筋はインナーマッスルであるため、腰の後側から直接触れませんので、お腹側から触ります。鼠径部の恥骨の真ん中あたりを触診した時、強い痛みを感じるが、内臓等に問題のないという場合、腸腰筋症候群が疑われます。発症される方は40代、50代以上の方が多いのですが、若い方でも発症します。
触診のポイントは、臀部の腸骨のヘリ辺り(ここは大殿筋が厚いので肘で押圧します)、鼠径部、内またの付け根の3か所です。レントゲンはもちろん、CT・MRI、いろいろな検査を受けても原因が見つからないケースがほとんどですので触診しかないのですが、近ごろのお医者さんは触診はしない方が多いようです。腰がだるく、股関節も痛いと表現される方や臀部の痛みを訴えられる方も多いです。
処置方法は、背中部と栄養血管周辺をもみほぐした後の腹臥位開片脚挙膝法、膝抱え、筋ポンプ体操などです。慢性化している方は、根気よく通っていただく必要があります。

また、腰というより、股関節痛、坐骨神経痛、膝痛、すね・ふくらはぎの痛み、足首から下の痛み等、腰から下の症状を訴えられる方もおります。

なぜ、腸腰筋が悪いと体の下の方の組織が悪くなるかと、腸骨筋の炎症のせいで、身体の下の方への神経の通り、血流も阻害され又、腸腰筋とつながりのある筋肉群の中の一つのライン・DFLに腸腰筋は繋がりがあり、内転筋群、後脛骨筋、長趾屈筋、足底部に繋がって以下の方の組織が影響を受け不調が現れます。
腸腰筋症候群の方の訴えられる症状としては、朝起きた時から腰から下が重たく、動き出してからは若干緩和されるが、疲労がたまったり、夕方になるとキツクなる。特に坐骨神経痛神経痛で重度な方は腸腰筋症候群を併発されている方が多い様です。その様な方は夕方になると足を引きずる様な状態になると言われます。なかなか治らない坐骨神経痛は腸腰筋症候群が隠れている事が多い様です。又、冷性、不妊、便秘等の原因にもなっています。

めまい、ふらつき、メニエール症候群の原因も上部頸椎のズレです。

めまい、ふらつき、メニエール症候群の原因も上部頸椎のズレです。
椎骨脳底動脈と言う名前の血管があります。頸椎の骨の中を通過して脳に血流を送っている動脈の名前です。7つの頚椎の左右の横突起を、それぞれ1本の椎骨動脈が串刺しのようにして頭蓋底の大孔という大きな穴まで上向し、そこで左右の椎骨動脈が合体して脳底動脈となり脳幹部、小脳、大脳の後ろ寄りに血流を送っています。
脳幹部は生命の維持に重要な部位であり、小脳は身体のバランス、大脳の後ろは視覚に関連が深いところです。したがって、椎骨動脈の血流が悪くなると、意識が無くなる、バランスがとれない、頭痛やめまいがするなどの症状がでてきます。

全身の血液量の分布は、動脈に20%、毛細血管に5%、静脈に75%と言われています。(参考までに体循環と肺循環の血液量の比は、約3:1です。)

何故、血流が悪くなるかと言うと、高齢者においては動脈硬化もありますが、一般的には椎骨動脈が通っている頚椎が変形して動脈を圧迫してしまうことです。整体の世界ではこれを「上部頚椎のズレ」と呼んでいるのです。
何故、上部頚椎のズレかと言うと、頚椎のズレを引き起こすのは前回の図のように、肩甲挙筋と頸板状筋であり、いずれも上部頚椎が起始または停止となっているのです。

心臓から出た血液は首を通り脳や感覚器へと送られます。首には主に「椎骨動脈」と「頸動脈」があります。このうち耳と大きく関係するのが椎骨動脈です。椎骨動脈は、連なる頸椎が形成する骨のトンネル(横突孔)を経路としています。

首の後部から頭蓋内に入ると左右の椎骨動脈は一旦、合流して1本の脳底動脈と名前を変えます。この合流地点の直ぐ先に左右に分岐する迷路動脈があり、これら左右の血管を通り内耳(三半規管)に血液が到達します。また、椎骨動脈・脳底動脈から、前・後小脳動脈という小脳へとつながる動脈が伸びています。

椎骨動脈が頸椎に強く圧迫されると、内耳や小脳への血流が不足します。また、椎骨動脈の内空が動脈硬化により狭くなる場合も同様です。他に、後縦靭帯骨化症、ストレートネックなども血流を阻害する原因となります。

メニエール病などは内耳の浮腫みによるめまいと言われます。その通りなのですが、筋ポンプは血流が充分でなければ押し出せないので、結果としてリンパ液が溢れるのです。

肩甲挙筋の栄養血管は背側肩甲動脈、頸板状筋の栄養血管は頚横動脈と後頭動脈です。結論として、首、肩、背中の全体を緩めれば、めまい、ふらつき、メニエール症候群は完治するということです。

頭痛の原因は上部頚椎のズレです。

”頭痛の原因”をgoogleで検索すると、様々な記事が出てきますが、

①首の付け根の血行不良が原因。

②頭蓋骨などの、「骨格」に原因がある。

③脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症する。

④頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することが原因で、筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる。

⑤くも膜下出血や脳出血などの病気が原因で起こる。

などの説が多いようですが全部間違いです。
⑤は生命にかかわることもあるので注意が必要なケースですが、急激に激しい痛みがあらわれることが特徴で、慢性的な頭痛とは区別できます。

正解は”上部頚椎のズレ”です。その証拠は、頚椎のズレを治した瞬間に痛みが消えるからです。
何故、上部頚椎がズレるのでしょうか?・・・・・・ズレの原因は背中のコリです。直接の犯人は、肩甲挙筋頸板状筋です。肩甲骨の裏側(肩甲骨上角)から肩甲挙筋という筋肉が出て、頸椎の1,2,3番にくっついています。つまり起始が頸椎1.2.3番で、停止が肩甲骨上角と言うことです。
前かがみで腕を前に出した姿勢は肩甲骨を横に動かし、上部頚椎を引っ張ります。筋肉が柔らかければゴムのように伸びるので問題はないのですが、悪い姿勢を長く続けると肩甲挙筋は固くなり、伸びることが出来ずに、骨の方を引っ張ってしまうのです。肩甲挙筋や頸板状筋が固くなる原因の一つに”糖質の取りすぎ”=老化があります。つまりglycationです。

もう一つの犯人、頸板状筋は起始が背骨(第3-6胸椎の棘突起)で停止が上部頸椎です。左図のように肩甲挙筋と同じ場所(第1-4頚椎の横突起)に付いています。栄養血管背側肩甲動脈(肩甲挙筋)や頚横動脈後頭動脈(頸板状筋)であり、背凝り、肩凝りで血流が不足し、硬くなります。
尚、直接の原因以外に胸鎖乳突筋などは関連痛として、側頭部の偏頭痛を起こしますので、結論として、首・肩・背中の全てを緩めなければ血流は回復せず、完治にはならないということです。
繰り返しますが、頭痛は当会の会員店では1回の施術で完治します。

2~3回は通ってください・・・・・と言う整体院は要注意ですね。!