免疫システムについて、

武漢ウィルスの蔓延で、世界中が大変なことになっています。
わが国でも令和2年4月7日に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が出され、
令和2年4月16日に対象地域が全都道府県に拡大されることとなりました。
また、令和2年5月4日、緊急事態宣言が5月31日まで延長されることが決定されました。感染者などのデータでは、5月10日現在で、下記のようになっています。

感染 確認済み
15,777
回復者数
8,127
死亡者数
624

患者のうち約85%は無症状か、自然に回復する軽症者だそうです。
問題は残る15%のなかで6%が重篤化するということです。重篤とは、医師の使う解かり難い言葉の一つですが、平たく言えば死ぬ確率が高いということです。つまり、100人に一人は危ないということです。

どういう状態が危ないかというと、肺炎が重症化し、気管の最末端にある細気管支(さいきかんし)が、炎症によって生じた滲出物で詰まってしまう状態です。その結果、肺胞まで酸素を届けられなくなる。そうなると人工呼吸器でも効果を得られず、放っておけば窒息してしまうということです。

「最後のとりで」とされるのが、ECMO(エクモ)と呼ばれる体外式膜型人工肺ですが、全国に約400台しかなく、ECMOを専門とする医師はかき集めても60人しかいないのが現状とのことです。

実際、重症化から生還した人の話では、呼吸がとても苦しかったといっています。

先ほど、100人に一人は危ないと言いましたが、死亡率を見てみると10代から40代までの方は1%以下であるのに対して、50代で1.3%、60代で3.6%、70代で8%、80代以上となると14.8%と急に死亡率が高くなります。高齢者は心肺機能がもともと低下しているということもあり、一気に重症化しやすく、肺炎等にかかり、死亡してしまう方も少なくないようです。

では、無症状か、自然に回復する軽症者と、重篤化する感染者との違いはどこにあるのでしょうか。?
一般的な解釈では、免疫の有無と免疫細胞の強弱です。
免疫細胞が体を守るしくみは、
1.ばい菌にはまずリンパ球以外の細胞(顆粒球や単球/マクロファージなどの貪食細胞)の出番ですが、ウイルスのように血液中を流れたり細胞の中に入り込むようなものはうまく処理できません。
2. そこでリンパ球の出番です。まず、B細胞がウイルスに対する抗体を出します。3. そして、キラーT細胞がウイルス感染した細胞を攻撃します。

1.ミエロイド系細胞が病原体を食べることを自然免疫と言います。
(食細胞)
2. Bリンパ球が抗体をつくる
3. キラーTリンパ球感染細胞を殺す
2.3.を合わせて獲得免疫と言います。

獲得免疫系の4つの特徴
獲得免疫系には4つの特徴がります。
1.特異性:病原体を見分けられる
2.多様性:どんな敵でもやっつける
3.自己寛容:自分の身体は攻撃しない
4.免疫記憶:2度目はかからない

このように、私たちの体を守る獲得免疫ですが、免疫系の細胞は、攻撃する細胞ばかりではありません。中には、免疫反応を抑制する役割をもった細胞もいます。抑制性細胞があることはかなり前から知られており、また、いろいろな種類があることがわかっています。その中の代表選手が、制御性T細胞です。自己免疫病の発症を抑えます。

サイトカインによる情報伝達
サイトカインによる情報伝達についても知らなくてはいけません。サイトカインは細胞が放出する情報伝達物質です。
遠く離れた細胞でも、それを見分ける受容体を持っていれば、働きかけることができます。
サイトカインは、いわば「増えろ」とか「働け」という指令書のようなものです。中には「おとなしくしてなさい」とか「死んで下さい」というメッセージを伝える
ものもあります。
時には、サイトカインが原因で、免疫が暴走する場合があります。
自分自身の組織を傷つけ、最悪の場合、死に至ることもあります。

免疫について、図表でうまく現したサイトがありますので参考にしてください。

投稿者: rigakusuina-admin

上海推拿教育院認定 推拿整体技能士 日本心理学会認定 認定心理士 NPO法人 日本ホリスティック医学協会 会員 気功整体・癒しの空間 店主 古田島 正敏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です