メニエール症候群の食事療法

メニエールを治す食事は、すばり言って「糖化防止食」です。
“糖化”が“老化”の原因であることはすでにお分かりの事と思いますが、前回の投稿で挙げた各筋肉は“糖化”により硬直しやすい骨格筋です。
糖化はアミノ酸と糖が結合してできるので、まずは体内のタンパク質が存在する部分に異常が現れます。例えば、人体のタンパク質の1/3は「コラーゲン」として存在しているのですが、実はこのコラーゲンは10種類以上の種類があり、骨や皮膚、軟骨、血管など全身に存在します。また、筋肉を構成する「エラスチン」というのも体内のタンパク質として重要です。筋肉は体を構成する骨格筋のみならず、胃腸や血管・尿管の太さを調整する平滑筋として内臓に分布していますが、今回はメニエール病の食事療法と言うことで骨格筋に特化してお話しします。

食事からのAGEs摂取を防ぐ
加熱調理などによって出来た、食品に含まれるAGEsの30%が食事によって体内に取り込まれます。つまり、肉、魚などを糖質と一緒に加熱調理してはいけません。

糖質の摂取をしない
 人間は胃でペプシンを分泌します。胃でペプシンを分泌する動物を肉食獣(肉食動物)と呼びます。動物には肉食動物と草食動物の2種類があり、巷で言われるような雑食動物などと言う分類はありません。人間は雑食動物であるなどと真顔で言う人は生物学の知識のない人なので相手にしてはいけません。
人間はチンパンジーと共通の祖先である肉食獣から800万年前に枝分かれしましたが、日本人が米を食べ始めたのは弥生時代である2,400年前です。
つまり7,997,600年は肉しか食べていないのです。人間の正しい食事は肉であるということを理解してください。食事で摂取した糖は36°Cの体温によりゆっくりと糖化します。つまり老化ですが、糖を過剰に摂取する人はメニエールになりやすいということです。本気でメニエールを治したかったら、まずは1か月間、糖を断ちましょう。
脳の学習効果により、その後は糖質を取らなくてもストレスにはならないでしょう。

メニエールになりやすい体質はお菓子禁止です
内リンパ嚢が発育不全で小さかったり、線維化して目詰まりが起こっているような状態である人が、メニエールになりやすいことが病理組織や手術所見などで確認されております。つまりメニエールになりやすい体質という者があるということです。幼少時に車酔いしやすかった人などは甘いお菓子は要注意です。