疑問が解けた!

整体の仕事をしていく中で、今までずーっと疑問に思っていたことがありますが、ついに疑問が解けました。「四足歩行から二足歩行に移行したことが、肩こり・腰痛はじめ頭痛や生理痛など体の不調の原因である」というのが私のかねてからの主張であり、その原因が大腰筋にあるということは、近年の大学や研究機関の学術論文がそれを裏付けています。つまり、十分にエビデンスのある主張ですが、筋緊張の最初の発生場所が大腰筋なのか、勁板状筋あるいは肩甲挙筋なのか、はたまた棘上筋なのか、が判断できなかったのです。

私の整体院に来られる方の大部分は、大別して次の通りです。
1.肩こり(棘上筋)                  

2.腰痛、生理痛(大腰筋など)

 

 

 

 

 

3.頭痛、眩暈(勁板状筋、肩甲挙筋)

 

 

 

 

 

疑問を解消さてくださったのは、この度ご来店された60代前半の女性のお客様でした。この方の脊柱起立筋群がとても固く、どんなに柔らかく施術しても、「痛い、痛い!」とおっしゃるのです。やむを得ず腹臥位開片脚挙膝法を施し、双掌按揉法を行なったところ、その後滾法を行なっても痛くないと言われたのです。
この結果から判ることは脊柱起立筋群の緊張は大腰筋の緊張の伝播であるということです。筋肉は関節の両外側関節に付着しているので、その結果、緊張が伝播するということはよく知られていることですが、順序から言うと大腰筋が先に緊張し、背骨を引っ張るため、結果として背中が緊張すると推測できるわけです。
ただ、首と背中の関係はどちらが先かは今後の課題ですが、前屈姿勢からくるのは首が先なのかなと考えているところです。「初めに大腰筋の緊張ありき」と考えると、反り腰の説明がつきますし、それによる緊張の伝播で、関連痛発生部位の説明もつきます。何より有り難いのは、施術時間の短縮が可能ということです。
私はお客様の満足度は施術時間と相関すると考えていますので、同じ時間の施術であれば、さらに施術効果が高まり、お客様とのコミュニケーションも良好になるるものと考えます。

頭痛の原因は上部頚椎のズレです。

”頭痛の原因”をgoogleで検索すると、様々な記事が出てきますが、

①首の付け根の血行不良が原因。

②頭蓋骨などの、「骨格」に原因がある。

③脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症する。

④頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することが原因で、筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる。

⑤くも膜下出血や脳出血などの病気が原因で起こる。

などの説が多いようですが全部間違いです。
⑤は生命にかかわることもあるので注意が必要なケースですが、急激に激しい痛みがあらわれることが特徴で、慢性的な頭痛とは区別できます。

正解は”上部頚椎のズレ”です。その証拠は、頚椎のズレを治した瞬間に痛みが消えるからです。
何故、上部頚椎がズレるのでしょうか?・・・・・・ズレの原因は背中のコリです。直接の犯人は、肩甲挙筋頸板状筋です。肩甲骨の裏側(肩甲骨上角)から肩甲挙筋という筋肉が出て、頸椎の1,2,3番にくっついています。つまり起始が頸椎1.2.3番で、停止が肩甲骨上角と言うことです。
前かがみで腕を前に出した姿勢は肩甲骨を横に動かし、上部頚椎を引っ張ります。筋肉が柔らかければゴムのように伸びるので問題はないのですが、悪い姿勢を長く続けると肩甲挙筋は固くなり、伸びることが出来ずに、骨の方を引っ張ってしまうのです。肩甲挙筋や頸板状筋が固くなる原因の一つに”糖質の取りすぎ”=老化があります。つまりglycationです。

もう一つの犯人、頸板状筋は起始が背骨(第3-6胸椎の棘突起)で停止が上部頸椎です。左図のように肩甲挙筋と同じ場所(第1-4頚椎の横突起)に付いています。栄養血管背側肩甲動脈(肩甲挙筋)や頚横動脈後頭動脈(頸板状筋)であり、背凝り、肩凝りで血流が不足し、硬くなります。
尚、直接の原因以外に胸鎖乳突筋などは関連痛として、側頭部の偏頭痛を起こしますので、結論として、首・肩・背中の全てを緩めなければ血流は回復せず、完治にはならないということです。
繰り返しますが、頭痛は当会の会員店では1回の施術で完治します。

2~3回は通ってください・・・・・と言う整体院は要注意ですね。!